舌苔をスッキリ除去する効果抜群の取り方!

更新日:

 

舌苔を除去する

 

鏡の前でアッカンベーをしてみてください。

舌に白いものは付いていませんか?

 

もし舌が真っ白になっているようなら口臭が心配ですね。

あなたが気づいていないだけで、友人や職場の人が裏で「あの人の口クサい……」と

顔をしかめているかもしれません。

 

今、舌が白くなっていることに気づいたアナタはラッキーです!

さっそく今日から対策を始めていきましょう。

今回は、舌の白い物体=舌苔の正しい除去の方法について、詳しく伝授したいと思います!

 

 

舌苔ってなに?

 

舌の表面にくっついている白い苔のようなもの。

これが舌苔(ぜったい)です。

人によっては黄色や黒っぽくなることもありますが、

そのときは原因になにか病気が隠れていることもあるので注意しましょう。

 

舌苔が付いていたら必ずしも問題かと言ったら、そうでもありません。

舌の先やふちの部分は薄いピンク色で、

舌の真ん中にうっすらと付いている程度なら正常の範囲です。

しかし、舌全体が真っ白で、分厚い舌苔がついているようなら異常です。

 

舌の表面には糸状乳頭(舌乳頭)という、小さなブツブツがたくさん集まっています。

その溝に食べカスや細菌、新陳代謝によって剥がれた粘膜細胞などが詰まったものが舌苔です。

つまり舌苔は細菌がウヨウヨいる、汚れの塊なのです。

 

口臭の原因に

舌苔はたんぱく質を豊富に含んでいるため、お口の中にいる雑菌のエサになってしまいます。

そして、その雑菌たちがエサを食べることで発生するのが口臭のもととなる物質なのです。

 

口臭をなくすためには、舌苔をケアして、

雑菌が悪さをしないような口内環境に整えてあげる必要があるのです。

 

 

舌磨きは危険な行為!?

舌ブラシ

 

舌苔を除去するといったら舌磨き。

そんなイメージがありますよね。

 

確かに舌磨きをすれば舌苔を取ることはできます。

ですが、間違った舌磨きをしている人が多いということが問題なのです。

 

歯ブラシや歯間ブラシはダメ!

まず、歯磨きのついでに歯ブラシで磨いているという人。

もしくは歯間ブラシで磨いているという人。

今すぐにやめてください

 

舌の粘膜はとってもデリケートです。

それを、硬いエナメル質でできた歯に使っているものと同じブラシで磨いたら、

間違いなく傷ついてしまいますよね。

 

スプーンで代用できる?

舌苔をスプーンで取っているという人も意外と多いようです。

スプーンの縁でこそげ取るという方法ですね。

ですが、スプーンも硬い材質でできているので、

舌が傷つく可能性を考えたらやめておいたほうが無難です。

 

専用の舌ブラシを使う

探してみると、舌専用のブラシもいろいろあります。

舌ブラシと歯ブラシの最大の違いは、なんといっても素材。

舌ブラシは、デリケートな舌の粘膜を傷つけない柔らかい素材でできています。

 

「やっぱり舌磨きをしないとスッキリしない!」という人は、

ぜひ専用の舌ブラシを用意しましょう。

 

>> 魔法の舌ブラシは効果なし?口コミはウソ?

 

濡らしたガーゼや綿棒も

 

やはり舌ブラシが一番ですが、濡らしたガーゼや綿棒、

タオルなどの柔らかい素材を使うのも良いでしょう。

ただし、絶対にゴシゴシとこすらないこと

 

舌をゴシゴシ磨くことで、舌表面が傷つき、逆に舌苔が悪化してしまうこともあります。

また、舌表面には味を感じる組織(味蕾)もあるため、

味覚障害を引き起こしてしまうこともあります。

間違った舌磨きは逆効果なのだということは忘れないでくださいね。

 

1日1回でも多いくらい!?

とにかく、舌磨きのやりすぎは禁物です。

舌の奥から手前へ、とにかく優しくこすること。

何度もゴシゴシこすらず、3回もやればOKです。

 

嘔吐反射を起こしやすい人は、舌を思いっきり出してみたり、

息を止めて見たりすると「オエッ」となりにくいかもしれません。

 

気になって何回もやりたくなるかもしれませんが、多くても1日1回までにとどめましょう。

健康的な人なら毎日欠かさず行わなくても大丈夫ですよ。

 

 

舌苔の取り方 5選

 

舌ブラシで磨かなくても、実は舌苔って意外と簡単な方法で取ることができるのです。

 

パイナップルで消す!

食べるだけで舌苔が取れる食べ物があるってご存知でしたか?

それがパイナップル、それにキウイやパパイヤといった果物なんです。

 

これらの果物にはたんぱく質を分解する酵素が含まれていて、舌苔を分解してくれます。

食べた時に舌がピリピリするのがその証拠。

酢豚にパイナップルが入れられるのも、肉のたんぱく質が分解されて柔らかくなるからなんですよ。

 

はちみつで溶かす!

もう一つ、食べるだけで効果があるものをご紹介します。

はちみつはお好きですか?

小さじ1のはちみつを舌の上で転がすようにして、2~3分かけてゆっくりと舐めてみてください

 

はちみつに含まれるプロテアーゼという酵素(パイナップルに含まれるものと同じ)が、

舌苔を構成するたんぱく質を溶かしてくれます。

しかも、はちみつは栄養満点で、高い抗菌作用もあるので嬉しいですね。

 

ここで注意点!

1歳未満のお子さんは乳児ボツリヌス症を起こす危険性があるため、

はちみつは与えないでくださいね。

 

重曹でうがい

重曹は弱アルカリ性で、やはりたんぱく質を溶かしてくれる作用があります。

よく掃除に利用されますが、料理にも使われているため口の中に入れても安心ですね。

 

コップ半分(100ml程度)の水に重曹小さじ1/2をよく混ぜてください。

それでクチュクチュと10秒ほど口をゆすぎましょう。

お口のネバネバが取れて、歯垢(プラーク)つきにくくなりますよ。

 

飴を舐める

UHA味覚糖が出しているシタクリアというキャンディーには、

舌苔を構成するカビ(カンジダ菌)に効く成分が配合されています。

一部のドラッグストアやコンビニでも売っていますが、

確実に買うならAmazonや楽天を利用すると良いでしょう。

 

ジェルで磨く

最後は舌磨きのときに使うアイテムですが、歯磨き粉ではなく、

舌も磨けるジェルを使うということも大切です。

歯磨き粉には研磨剤が入っているため、舌には刺激が強すぎます

必ず舌のことを考えて作られたジェルを使用するようにしましょう。

 

 

唾液を増やして舌苔を予防しよう

 

根本的に、舌苔がつかないように予防できれば、

無理な舌磨きで舌を傷つけることもありませんよね。

そのためには、唾液の分泌量を増やしてあげることが必要です。

 

唾液には自浄作用というものがあり、舌苔を適度に洗い流してくれる仕組みになっています。

しかし、現代人はなにかと唾液の分泌が少なくなって、口内が乾燥しがち。

その結果、口の中では雑菌が増殖しやすい状態になり、舌苔が分厚くなってしまうのです。

 

唾液が少なくなる原因としては、

口呼吸

水分不足

加齢

不安や緊張といった精神的ストレス

飲んでいる薬の副作用

糖尿病などの一部の病気

などが考えられます。

 

それプラス、歯磨きを怠って口内環境が不衛生になっていると、舌苔や口臭は悪化します。

 

対策としては、

適度な水分補給

ストレス発散

ガムを噛む

よく噛んで食べる

お口周りの体操やマッサージ

などがありますね。

 

 

病院で薬はもらえる?

 

舌苔って病院で治療できるのでしょうか。

舌苔による口臭で生活に影響が出ているようなら、

歯科や耳鼻咽喉科、皮膚科などでも診てもらえます

 

唾液の分泌量が少ない人には、唾液の分泌を促進さえる薬が処方されたり、

あとは、うがい薬を処方されることも多いようです。

 

口臭ってどうしても恥ずかしいと思い込んでしまいがちで、

「こんなことで病院に行くなんて…」と躊躇ってしまうことも多いと思います。

ですが、口臭で病院に行くことは恥ずかしいことではありません

 

舌苔の除去はセルフケアが基本になりがちだからこそ、

少しでも疑問があればプロ(医者)に聞いたほうが安心ですね。

 

 

今日から始める舌ケア

口臭って、自分ではわかりにくいからこそ、目で見て確認することはとっても大事。

舌が白くなっていたら、口がクサくなっている可能性大です。

 

舌ケアは、一歩間違えば味覚に影響が出てしまう、神経を使う作業です。

いままで“なんとなく”舌ケアをしていたという人も、

これからはきちんとした知識を持った上で行ってくださいね。

 

 

-新・口臭情報!

Copyright© 新・口臭対策!口が臭い原因と効果的な予防法 , 2018 All Rights Reserved.