口臭を自分でチェックする8つの方法

投稿日:

 

自分の口からどんなニオイがしているかご存知ですか?

「大丈夫、自分は口臭なんてないから!」

って思いましたか?

そう思ったあなたは、ずばり要注意人物です

 

口臭って、自分ではなかなか分からないもの。

ですが、他人はしっかり気づいています。

家族や恋人などの親しい人から「ねぇ、口がクサいよ?」なんて指摘されたら

恥ずかしいですよね。

 

今回は、そんな要注意人物さん必見の、

口臭のセルフチェックの仕方をたっぷりご紹介していきたいと思います!

 

 

さっそく自分で確認してみよう!

 

歯医者さんや口臭外来のある病院などでも口臭の検査は受けられますが、

いちいち病院に行くのも面倒ですよね。

お金だってかかります。

 

ですが、ここでご紹介する方法なら、時間もお金もほとんどかかりません!

自分で簡単にできる方法ばかりなので、ぜひお試しください。

 

息のニオイを確かめてみる

 

まずは自分の息のニオイを知っておきましょう。

口元を手で覆って嗅いでみるというオーソドックスな方法でもいいのですが、

それだと、どうしても空気が混ざってしまいますよね。

“自分の息のニオイだけ”を嗅ぐには、もうちょっと工夫してみましょう。

 

コップを使う

コップを口に当てて、その中にハーッと(フーッでもOK!)息を吐いてみてください。

コップの中に、自分の息だけが閉じ込められましたね。

さっそく嗅いでみましょう。

それが、あなたの本当の息のニオイになります

 

息のニオイを嗅ぐときは、その前に新鮮な空気をしっかり吸っておくと良いですね。

自分の臭いは意外と慣れてしまっているので、

新鮮な空気で一度リセットしておいたほうが確実です。

 

ビニール袋を使う

要は息だけを閉じ込められればいいので、コップじゃなくても、ビニール袋などでも応用可能です。

周りを見回してみて、目についたものを使ってみてください。

 

マスクで確認

マスクをしている人は、そのまま口臭チェックができますよ。

まずはマスクを着けて、しばらく普通に過ごしてください。

その後、口から息を吐き出して鼻から吸う、ということを繰り返します。

マスクの中で濃縮された息を吸うので、いつもより臭いを感じやすいはずです。

 

唾液のニオイを確かめてみる

 

息だけでなく唾液のニオイもチェックすることは大切です。

唾液がクサいということは、口臭の原因にもなる臭いの元が

唾液に溶け込んでいるということになりますよ。

 

手の甲を舐めてみる

別に、手の甲の味を確認するわけではありません(笑)

手の甲を舐めてみて(抵抗がなければ舐めるのはどこでもOKです)乾くまで1分ほど待ちます。

乾いたら舐めた部分のニオイを嗅いでみましょう。

もし「臭い」と感じたようなら、きつい口臭がしている可能性が高いです。

 

ガーゼやティッシュを意して!

次は舌のニオイをピンポイントでチェックします。

ガーゼやティッシュを軽く折りたたんで、指に巻き付けるようにして持ったら、

舌を数回に分けて拭き取ってみてください。

撫でるように、優しく拭いてくださいね。

 

拭き終わったらニオイを嗅いでみましょう。

臭いようなら、口臭の原因となる雑菌が舌で繁殖しているサインです。

 

最新機器に頼ってみる

 

「もっとちゃんと数値化してくれないと分からない!」

そんなあなたには、機械を使ってチェックする方法をオススメします。

 

タニタの口臭チェッカー&ブレスチェッカー

あのタニタから、口臭をチェックする機械が出ているって知っていましたか?

それが口臭チェッカーとブレスチェッカーです。

 

口臭チェッカーは片手に収まるコンパクトサイズで、

丸みのある四角いフォルムが可愛らしいデザインです。

色はブルー、グリーン、ピンクの3種類。

 

機械に向かって息を吹きかけると、たった5秒で

6段階に分けてあなたの口臭をチェックしてくれます。

 

ブレスチェッカーはスリムなペンタイプで、ポーチの中にも入れていても目立たないデザインです。

色はオシャレなグレーとアイボリーの2種類。

こちらも息を吹きかけるだけで、同じように6段階でチェックしてくれますよ。

 

お値段は、口臭チェッカーが4,320円(税込)で、ブレスチェッカーが6,480円(税込)です。

センサーの寿命は1年ほど持つそうなので、そう考えるとコスパもなかなかいいですね。

接客業などでこまめに口のニオイをチェックしたい方は、1つ持っておくと良いかもしれません。

 

androidやiphoneのチェックアプリの診断は信頼できない?

 

身近な機械といったら、やっぱりスマホのアプリでしょうか。

アプリストアで「口臭 チェック」「ニオイ チェック」と検索してみると、

確かにいろいろなアプリが出てきます。

 

ですが、そもそもスマホに臭いを検知する機能ってないですよね。

ほとんどがネタ系のアプリなので、あまり信頼しないほうが良さそうです。

 

それとは別に、製品と連携して使うタイプのアプリもありますね。

有名なところだと、コニカミノルタの「Kunkun body」というアプリがあります。

現時点では汗臭、ミドル脂臭、加齢臭の3つのみ測定可能のようですが、

今後のアップデートで口臭なども測れるようになるかもしれないと期待されています。

 

 

ほんまでっかTVで紹介された自分の本来の口臭を知る方法

 

以前、ほんまでっかTVでも口臭のセルフチェック方法が紹介されていました。

なかなかに本格的なチェック方法だったので、ここでおさらいしておきましょう。

 

1、熱湯OKの瓶を用意する。

2、唾液をスプーン2杯分取って、用意した瓶に入れる。

3、コットンで舌や歯茎を拭いて、それも瓶の中に入れる。

4、水を張った鍋に瓶を入れ、軽く沸騰するまで火にかける。

 

要は“湯せん”するわけですね。

温めることで出る湯気というのは、本来の自分の口臭にかなり近くなるそうですよ。

 

 

結果をもとに改善策を考える

 

ここまで口臭のセルフチェックの方法をいろいろご紹介してきました。

やってみたいと思ったものはありましたか?

口臭を確認できたら、周囲に不快感を与える前に、すぐに対策を始めましょう

 

口臭の原因としては、口の中に問題があることが多いです。

口内には、健康な人であっても、臭いの元を作り出す雑菌というものが生息しています。

しかし、歯磨きが不十分で口の中が不衛生だったり、

唾液の分泌が少なくなって乾燥したりしていると、雑菌があっという間に繁殖してしまうのです。

 

口の中は清潔に

食事の後の歯磨きは大切ですが、実は歯磨き粉をつけて磨いただけでは不十分なんです

歯と歯茎の隙間にある歯垢(プラーク)って、歯ブラシでは落としきれないですよね。

それが歯石になると、もう自分では除去できなくなってしまいます。

ここは、デンタルフロス歯間ブラシを活用しましょう。

 

もう一つ、歯垢と同じくらい気を付けたいのが舌苔です。

舌に付着した汚れで、歯垢と並んで雑菌の温床と呼ばれています。

こちらは専用の舌ブラシマウスウォッシュなどで対処しましょう。

 

口の中を潤そう

口が乾燥する原因としては

  • 加齢
  • 口呼吸
  • ストレスや緊張
  • 水分不足
  • よく噛んで食べていない
  • 薬の副作用
  • 糖尿病などの病気

などが考えられます。

 

唾液は本来サラサラしていて、それほど臭わないものなのですが、

ネバついて臭くなっているようなら、唾液の量が少なくなっている可能性があります。

原因を一つ一つ見直してみて、水分不足なら多めに水を飲むようにしたりと、

それに合った対策をしてみてください。

 

 

自分磨きは外見だけじゃない!

普通に生活している分には、自分の口の臭いってそんなに気にならないと思います。

ですが、

気になっていない=口臭がない

ということではありません。

 

たまには客観的にチェックしてみて、きちんと対策してみましょう。

「息がきれいになったね」って、

外見が「きれいになったね」と同じくらいの誉め言葉だと思いませんか?

 

-新・口臭情報!

Copyright© 新・口臭対策!口が臭い原因と予防法 , 2018 All Rights Reserved.