生理中に口臭がするのはなぜ?

投稿日:

 

女性 ショック

 

生理のときって憂鬱ですよね。お腹は痛いし、体は重だるいし、なんだか無性にイライラするし……と、いつもと違う不調が重なるから、最近まで気づいていませんでした。

あれ、生理のときって口臭もひどくなってる!?

 

その事実に気付いた時はショックでした。「もしかして口臭のせいで、周りの人に私が生理だってバレてた?」考えただけでゾッとしますよね。

どうして生理のときって口臭が強くなるんでしょう。次の生理のときに恥をかかないように、まずは原因を知って、そこから対策を練っていきたいと思います。

 

生理中はあの病気が悪化しやすくなる!?

女性 驚き

 

調べていたら、思わぬ事実にたどりつきました。どうやら女性は生理のとき、思わぬ病気が悪化しやすくなっているようなのです。

 

便秘・下痢

もともと便秘に悩まされている女性って多いと思いますが、生理前はプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が多くなる影響で、便秘がひどくなる傾向にあります。

このプロゲステロンには、子宮の収縮を抑えて妊娠しやすくする働きがあるのですが、それと同時に腸のぜん動運動も抑えてしまうようなんです。

 

逆に、生理が始まると今度はプロスタグランジンという、生理痛のもとにもなる物質が多くなります。

プロスタグランジンには子宮を収縮させる働きがありますが、その量が多いと、生理痛がひどくなるとだけでなく、腸の収縮までも強くして下痢を招いてしまうことがあるのです。

 

そして、ここからが本題。便秘や下痢になるということは、腸内環境が悪くなっているということ。そうなると腸では有毒物質が作られてしまい、それが血液に溶け出して、全身へと流れてしまいます。

その有毒物質が肺にまで到達すると、呼気に混じってクサい口臭となってしまうのですね。これが、生理のときの口臭の原因、1つ目です。

 

歯周病

口 歯

 

便秘や下痢のほかにも、生理中は歯周病も悪化しやすくなっているため注意が必要です。というのも、一部の歯周病菌が女性ホルモンを好むため。女性ホルモンが変動しやすい生理中は、それを狙った歯周病菌が増殖しやすくなっているんですね。

そのため、生理前ぐらいから歯茎が炎症を起こして、腫れやすくなると自覚している女性もいるようですね。

 

生理中だけでなく、妊娠中も要注意。妊娠によっても女性ホルモンは大きく変動するため、歯周病に悩まされる妊婦さんは多いようです。歯周病があると、どうしてもお口が臭いやすくなります。これが、生理のときの口臭の原因、2つ目ですね。

 

女性ホルモンが悪臭ガスを発生させる!?

口臭の原因物質の1つとして、揮発性硫黄化合物というものがあります。これは、空腹時や緊張時といった、健康な人でも発生する口臭(生理的口臭)の原因となる悪臭ガスなのですが、生理のときもこの悪臭ガスが増加するというデータがあるんです。

そして、その原因が生理のときの女性ホルモンの変動にあるのではないかと考えられているのです。女性からしたらなんとも迷惑な話ですが(笑)これでは生理のときに口臭がひどくなっても仕方がないのかもしれませんね。

 

唾液の分泌が減る

もう1つ、生理のときの口臭の原因として、自律神経が乱れて、唾液の分泌量が減ることが考えられます。一般的に月経前症候群と呼ばれているものの症状の1つですね。

生理に向けてホルモンバランスが乱れることで、自律神経も乱れ、唾液の分泌量にも影響が出てしまうのです。唾液が少なくなると、お口の中は細菌が増殖しやすい環境となってしまい、口臭が発生しやすくなってしまいます。

生理中に口の渇きを自覚している人は、口臭にも要注意ですよ。

 

 

生理中の口臭対策をチェック

体調

 

では、どうしたら生理のときでも綺麗な息で過ごせるのか、その対策を考えていきたいと思います。

 

いつもより気にかけて歯磨き

やはりオーラルケアをしっかり行うことが、口臭を予防するためには重要です。いつもより時間をかけて、1本1本丁寧に汚れや歯垢を落とすイメージでブラッシングしましょう。

歯磨き粉やマウスウォッシュ、液体歯磨きなどを選ぶ際は、殺菌作用のあるものや、口内の細菌バランスを整えてくれる乳酸菌配合のものなどをおすすめします。

 

職場などでお昼は歯を磨けないという女性も多いとは思いますが、もしできるならマウスウォッシュで口をゆすぐだけでも違ってきます。もしくは、急いでいる時でもサッとケアできるエチケットタブレットなどに頼るのもいいですよ。

 

唾液を増やす

舌

 

生理中は唾液の量も減少するため、意識して唾液を出すようにすることは大切です。お口が潤っていれば、細菌たちも悪さをしづらくなりますからね。

 

唾液を増やすといっても、方法はどれも簡単です。

  • 水分をこまめにとる
  • うがいや歯みがき
  • よくしゃべる
  • よく噛んで食べる
  • ガムを食べる

など。

 

「よくしゃべる」というのは、口を動かすことで口内が刺激されて、唾液が分泌されやすくなるため。よく噛んで食べたり、歯みがきをしたりするのも同じですね。

あとは舌で口の中をつついたりしても、唾液は出やすくなります。いざという時の応急処置と思って、覚えておくと便利かもしれません。

 

定期的に歯科に通う

歯周病は女性のほう進行しやすい、とも言われています。歯周病はもちろん、むし歯があっても口臭はひどくなります。もし、お口の中の病気をなにかしら抱えているなら、早めに歯科医の治療を受けましょう。

むし歯や歯周病などがなくても、定期健診を受けて、歯石を取ってもらうだけでも口臭予防につながります。毎月生理が来るたびに口臭に悩むぐらいなら、一度歯科に行ってみませんか?

 

 

【まとめ】生理中もストレスなく過ごすには

女性

 

生理のときは、ただでさえ体も心も不調に陥りがち。せめてお口ぐらいはスッキリさせておきたいですよね。

口臭は意外と簡単な方法でケアできます。今は口臭ケアグッズもいろいろあるので、それらに頼ってみるのもいいんじゃないでしょうか。

ちなみに私のおすすめは、舐めるだけでケアできて、しかもおやつ代わりにもなるぐらい美味しいエチケットタブレットですよ。

 

-新・口臭情報!

Copyright© 新・口臭対策!口が臭い原因と予防法 , 2018 All Rights Reserved.