ミンティアの種類はこんなにあった!あなたのお気に入りはどれ?

投稿日:

 

ミンティア ワイルドクール ミンティア グレープ ミンティア カテキンミント ミンティア ドライハード

 

皆さんが好きなミンティアの味はなんですか?

定番のワイルド&クールもいいですし、ジューシーなグレープもいいですし、ちょっとお値段はしますが大粒タイプもじっくり味わえるからいいですよね。

でも、ミンティアって種類がいろいろあるから買う時に迷っちゃう!

そんな問題を解決するために、ミンティア全種類を一気にご紹介!それぞれのシーンに合わせたおすすめミンティアも、ランキング形式でまとめてみました。

 

ミンティアが【国内シェア1位】となったワケとは?

人気 秘密

 

まずはミンティアがどんな商品なのか、おさらいしておきましょう。

 

1996年にアサヒグループ食品から発売!

ミンティアを販売しているのはアサヒグループ食品。クリーム玄米ブランや1本満足バー、袋入りキャンディーなどが有名なメーカーですね。

ちなみに私はアサヒグループ食品の商品だと「燃えよ唐辛子」という、輪切りにした唐辛子に衣をつけて揚げたスナックが好きなんです(笑)

 

ミンティアが世に出たのは1996年。当時は縦長のケースで、「カシス&ミント」と「ペパーミント」の2種類が展開されていたようですね。

その翌年、1997年には現在の定番「ワイルド&クール」が発売を開始しています。ちなみにケースが今のような横長になったのは2002年のことらしいですよ。

 

ミンティア人気の秘密はコレだ!

ポイント

 

ミンティアは、20周年となる2016年に、ミントタブレット市場で国内シェア1位を獲得しています。その人気の理由として考えられるのがこちら。

  1. 手軽に買える
  2. お手頃な価格
  3. 豊富なフレーバー
  4. 安心の国産

 

コンビニに行けば必ず売っているミンティア。お値段も100円ほどとリーズナブルで、いろいろな味が揃っているから、見かけるとついつい買いたくなってしまうんですよね。今日は買うつもりじゃなかったのに!って(笑)

ミントタブレットと言ったらミンティアのほかにもう一つ、フリスクがあります。このフリスク、実はオランダ製のお菓子で、日本ではクラシエフーズが輸入販売しているんです。

それに対してミンティアは日本製。輸入コストがかからない分、リーズナブルに買えるんですね。

 

 

なんと【全19種類】!ミンティアの種類を大公開!

ミンティアは現在(2018年7月末時点)、全19種類のフレーバーを展開しています。その最新版のフレーバーを全種類、一気にご紹介します!

 

レギュラーシリーズ

まずはコンビニに必ず置いてあるレギュラーシリーズから。横長で薄型のケースが特徴ですね。※価格はメーカー希望小売価格で記載しています。

 

ワイルド&クール

ミンティア

特徴 ミンティアの定番! ミントの爽やかな風味を楽しむ一品。
内容量 50粒
価格 100円(税別)
カロリー(1製品あたり) 22kcal

 

コールドスマッシュ

特徴 ヒンヤリ冷涼感と鼻に抜けるミントの香りを楽しむ一品。
内容量 50粒
価格 100円(税別)
カロリー(1製品あたり) 22kcal

 

ドライハード

特徴 強力刺激で眠気覚ましにも! ミントの辛さが引き立つ一品。
内容量 50粒
価格 100円(税別)
カロリー(1製品あたり) 22kcal

 

カテキンミント

特徴 ほんのり緑茶風味とミントの風味。お口をスッキリさせたい時に。
内容量 50粒
価格 100円(税別)
カロリー(1製品あたり) 22kcal

 

ビターミント

特徴 甘さ控えめで大人な味わい。キレのあるビターなミント風味。
内容量 50粒
価格 100円(税別)
カロリー(1製品あたり) 22kcal

 

レモンライムミント

特徴 柑橘系の爽やかな風味が味わえるフルーティーな一品。
内容量 50粒
価格 100円(税別)
カロリー(1製品あたり) 22kcal

 

アクアスパーク

特徴 爽やかなソーダ感が気分をリフレッシュしたい時にピッタリ。
内容量 50粒
価格 100円(税別)
カロリー(1製品あたり) 24kcal

 

グレープ

特徴 巨峰果汁フリーズドライパウダー配合でジューシーな果実感が味わえる。
内容量 50粒
価格 100円(税別)
カロリー(1製品あたり) 24kcal

 

カルピス®×ミンティア

特徴 甘酸っぱい初恋の味。3種類のラッキーレリーフも可愛い一品。
内容量 50粒
価格 100円(税別)
カロリー(1製品あたり) 25kcal

 

メロン×ソーダ

特徴 メロン味とソーダ味の2種類。一緒に食べればメロンソーダに!?
内容量 50粒
価格 100円(税別)
カロリー(1製品あたり) 24kcal

 

フローズンマンゴー

特徴 フローズンマンゴーのシャリっと感で暑い夏を乗り切ろう!
内容量 50粒
価格 100円(税別)
カロリー(1製品あたり) 25kcal

※フローズンマンゴーは2018年6月~の期間限定商品です。

 

ミンティア ブリーズ

続いて、大粒タブレットで1粒で5分という長持ちタイプのミンティア ブリーズ。スマートフォン型の薄型ケースがオシャレですよね。

※価格はマツモトキヨシ オンライン調べで記載しています。

 

リフレッシュブルー

ミンティア ブリーズ

特徴 しっかりとした清涼感と爽やかな甘さが楽しめる一品。
内容量 30粒
価格 167円(税別)
カロリー(1製品あたり) 68kcal

 

リラックスグリーン

ミンティア ブリーズ

特徴 マイルドな甘さと清涼感でリラックスできる一品。
内容量 30粒
価格 167円(税別)
カロリー(1製品あたり) 69kcal

 

シャイニーピンク

ミンティア ブリーズ

特徴 フルーティーな甘さと清涼感を味わえる一品。
内容量 30粒
価格 167円(税別)
カロリー(1製品あたり) 68kcal

 

クリスタルシルバー

ミンティア ブリーズ

特徴 強めの清涼感で甘さは控えめ。クリアな味わいが楽しめる一品。
内容量 30粒
価格 167円(税別)
カロリー(1製品あたり) 70kcal

 

オアシスゴールド

ミンティア ブリーズ

特徴 穏やかな清涼感で広がる香りを楽しめる一品。
内容量 30粒
価格 167円(税別)
カロリー(1製品あたり) 69kcal

 

ミンティア エクスケア

ミンティア エクスケアは喉にうるおいと清涼感を届けてくれるタイプ。18種類のハーブがブレンドされ、大粒タブレットで味わいも楽しめるように設計されています。※価格はマツモトキヨシ オンライン調べで記載しています。

 

ハーブミント

特徴 キキョウエキスとカリンエキス配合でスッキリ清涼感が味わえる一品。
内容量 25粒
価格 210円(税別)
カロリー(1製品あたり) 78kcal

 

ミルクミント

特徴 マヌカハニーと乳酸菌配合でうるおいミルク感が楽しめる一品。
内容量 25粒
価格 210円(税別)
カロリー(1製品あたり) 79kcal

 

ミンティア ボトル

デスクの上やクルマの中に常備しておくのに便利なボトルタイプ。大粒タブレットなので、1粒でも満足感があります。※価格はLOHACO(ロハコ)調べで記載しています。

 

メガハード

ミンティア メガハード

特徴 辛さはミンティア史上最強! メントールとカフェイン配合で眠気覚ましに最適な一品。
内容量 50粒
価格 410円(税込)
カロリー(1製品あたり) 160kcal

 

 

過去にはこんなものも! 今は売っていない幻の味

ミンティアは期間限定商品も多いですよね。独断と偏見になってしまいますが、私が好きだったもの、食べてみたかったなと思うものをいくつかピックアップしてみました。

 

ミンティア ミラクルチェリー

キラキラとしたホログラム調のケースがかわいいミラクルチェリー。桜のラッキーレリーフのほか、よりレアな白星のラッキーレリーフも入っているということで人気が出たようです。

 

ミンティア ジャスミンティーミント

ジャスミンティーの華やかな香りとミントってすごく合いそうですよね。個人的にジャスミンティーが好きなので、食べてみたかったなぁという一品です。「ジャスミンティーは苦手だけど、これは美味しく食べられた」という口コミも見かけましたよ。

 

ミンティア ハニージンジャー

女の子が好きそうなパッケージのハニージンジャー。蜂の巣をイメージしているんでしょうか。ジンジャーのピリピリ感で、冬でもポカポカ暖かくなれそうです。

 

ミンティア つぶつぶいちご

これは知っている人も多いんじゃないでしょうか。甘酸っぱくて美味しいと好評で、私も好きだった味なのですが、現在は取り扱っていないようですね。Amazonや楽天でも在庫限りとなっているので、気になる方は早めにチェックしておきましょう。

 

 

ミンティアおすすめランキング!【刺激・味・眠気・爽快感】どれがいい?

ランキング

 

もしミンティアを買いにお店に行って、全種類がずらっと棚に並んでいたら……どれを買おうか迷ってしまいますよね。

私の場合、普段はお口をスッキリさせたいからカテキンミント、気分転換をしたい時はグレープやカルピスといった甘いタイプのものを選んでいるのですが(笑)ここで、それぞれの目的別におすすめランキングを発表したいと思います。

 

うわ、激辛!? 刺激ランキング

ミンティア メガハード ミンティア ドライハードミンティア コールドスマッシュ

 

第1位 ミンティア メガハード
第2位 ドライハード
第3位 コールドスマッシュ
第4位 ビターミント
第5位 ワイルド&クール、カテキンミント

 

強力な刺激を求めるなら、やっぱりメガハードが最強です。ボトルタイプなので、カバンに入れて持ち運ぶには不向きなのがデメリットですが、大粒なので長くミント独特の辛さを楽しめます。

2位以下はみんなレギュラータイプなので小粒。持続時間はあまり長くないので、ちょっぴり刺激が欲しいときにはピッタリそうです。

 

美味しい!味重視ランキング

ミンティア カルピスミンティア ワイルドクールミンティア グレープ

 

第1位 カルピス
第2位 ワイルド&クール
第3位 グレープ
第4位 レモンライムミント
第5位 アクアスパーク

 

カルピスやグレープといった甘いタイプのものに人気が集まるかと思いきや、定番のワイルド&クールにも根強い人気がありました。

ワイルド&クールは1997年の発売以来、20年以上も愛されてきた味です。ミントの風味を楽しみたい時のため、1つはストックしておきたいなって思いますね。

 

眠気を吹っ飛ばす!眠気覚ましランキング

ミンティア メガハード ミンティア ドライハード ミンティア コールドスマッシュ

 

第1位 ミンティア メガハード
第2位 ドライハード
第3位 コールドスマッシュ
第4位 ミンティア ブリーズ クリスタルシルバー
第5位 ワイルド&クール

 

先ほどの刺激ランキングと似てしまいますが、眠気覚ましを目的とするなら、ボトル入りのメガハードや、ミンティア ブリーズなどの大粒タイプをおすすめします。

ドライハードやコールドスマッシュは小粒なので、1度に2~3粒口に放り込んでいるという人も多かったですね。くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。

 

サッパリ爽快!口臭予防ランキング

ミンティア カテキンミントミンティア レモンライムミントミンティア エクスケアハーブミント

 

第1位 カテキンミント
第2位 レモンライムミント
第3位 ミンティア エクスケア ハーブミント
第4位 ミンティア エクスケア ミルクミント
第5位 ワイルド&クール

 

ミンティアはあくまでお菓子なので口臭予防とまでは行きませんが、お口の中や息をスッキリさせたい時にはカテキンミントをおすすめします。

というのも、カテキンミントには抗菌作用のある緑茶抽出物(茶カテキン)が配合されているから。茶カテキンでお口をスッキリさせつつ、ミントが爽やかな息へと導いてくれることでしょう。

ちなみに緑茶抽出物はレモンライムミントにも配合されているので、気分によって選んでもいいですね。お口や喉を潤してくれるミンティア エクスケアもおすすめですよ。

 

 

【まとめ】種類豊富だけど…食べ過ぎには注意してくださいね

 

いろいろ種類があって楽しくなっちゃいますが、人工甘味料や添加物もたっぷり使われているので、くれぐれも食べ過ぎには気をつけてくださいね。

食べ過ぎな心配な人には、「1日〇粒」と摂取目安がきちんと決まっているエチケットタブレットもおすすめ。美味しく食べられるだけでなく、口臭ケアまでバッチリできちゃうから、もしかしたらミンティアよりハマっちゃうかもしれません。

 

食後のニンニク臭までサッパリさせてくれるタブレットなら、こちらも効果バッチリですよ。

ついに口臭が…消えた!?おすすめタブレットランキング >>

【2018年最新】口臭サプリおすすめランキングを発表!

 

-タブレット

Copyright© 新・口臭対策!口が臭い原因と予防法 , 2018 All Rights Reserved.