口が酸っぱい!原因はまさかのアレだった・・・

投稿日:

 

レモン 酸っぱい

 

口の中が酸っぱいような、苦いような。

意外と不快なこの感覚。なにもしていない時でも気になってしまいますし、楽しいはずの食事の時間だって、苦痛になってしまうこともあります。

しかも、なにか悪い病気にかかっているんじゃないかって心配にもなりますよね。

口の中が酸っぱく感じる時、もしくは息が酸っぱく感じる時、どんな原因が考えられるのでしょう。ちょっと考えてみたいと思います。

 

逆流性食道炎

腹痛

 

最近、耳にする機会も多くなった「逆流性食道炎」という疾患。

胃酸などが食道へと逆流してくるため、人によっては口の中の酸っぱさを感じることもあるようです。

 

酸っぱい液が上がってくる

逆流性食道炎の症状はいろいろ。

  • 胸やけ
  • げっぷ
  • 喉のイガイガ(違和感)
  • 胸の痛み

などがありますが、ほかに呑酸(どんさん)という症状があるのも逆流性食道炎の特徴の1つです。

呑酸とは、酸っぱい液が上がってくること。胃の中のものや胃酸などが、食道へと逆流してしまっている状態ですね。口の中が酸っぱいと感じる人もいれば、喉のあたりに酸っぱさを感じる人もいるようです。

 

逆流性食道炎になる原因は?

逆流性食道炎の原因もさまざまです。

  • 加齢などにより、胃と食道との間で「弁」の役割をしている下部食道括約筋の筋力が低下している。
  • 姿勢が悪く、胃に負担がかかっている
  • 胃に負担のかかる食べ物
  • ストレスによる胃酸過多

など、意外なところに原因が潜んでいることもあります。

 

最も身近な食事面で見てみると、

  • 脂肪分の摂りすぎ
  • 消化に時間のかかるタンパク質が多く含まれた食事
  • コーヒー
  • アルコール

など。思い当たる節はありませんか?

早食いや暴飲暴食、食後すぐ横になることなども逆流性食道炎を招く要因です。

 

逆流性食道炎の治療では、薬物療法のほか、食生活の改善なども重要になってきます。

 

 

味覚障害

砂糖

 

味覚障害というと味を感じなくなる病気というイメージですが、なにも口にしていなくても酸味を感じるということもあります。

 

なにも食べていなくても酸っぱい味がする

味覚障害の症状は、大きく分けると2種類あります。

1つは味覚の低下。味覚の感度が下がったり、もしくは味をまったく感じなくなってしまうこともありますね。

そしてもう1つ。異味覚と呼ばれるもので、本来とは違う味を感じ取ってしまったり、なにも食べていないのに酸味や苦味を感じることがあります。

 

味覚障害になる原因は?

味覚障害は思わぬところに原因があることもあります。

味覚障害というと、亜鉛不足が有名ですね。亜鉛は牡蠣などの魚介類、肉類、豆類やナッツなどに多く含まれます。亜鉛不足にならないように、これらの食材をしっかり摂るようにしたいですね。

 

亜鉛不足以外でも、

  • 貧血
  • 舌苔が分厚くなっている
  • 舌炎
  • ドライマウス
  • 糖尿病など全身疾患
  • 薬の副作用

などが原因で味覚障害になることもあります。

心当たりはないか、念のためチェックしておきましょう。

 

 

女性特有の「口が酸っぱい!」

女性 赤ちゃん

 

女性の場合、妊娠によるつわりで胃酸が逆流し、口の中が酸性に傾いてしまうこともあります。そのため、一時的ではありますが、妊娠中に口の酸っぱさを感じる人も多いようです。

また、更年期になりやすいドライマウス。これにより口内環境が悪くなって酸っぱさを感じることもあるようです。

 

 

酸っぱい口臭がする

レモン 酸っぱい

 

口の中が酸っぱく感じるだけじゃなく、息のニオイまで酸っぱい。

口臭が酸っぱい時には、上記の原因のほかにも、こんな原因が考えられます。

 

歯磨きが不十分

歯の隙間に食べカスが挟まっていて、それをそのまま放置していれば、ニオイが発生しても文句は言えませんよね。

どんなに健康な人でも、お口の中には細菌がいます。その細菌が、歯磨きで落としきれなかった食べカスなどをエサにして悪臭ガスを発生させてしまうのです。

 

なかなか歯磨きだけではお口の健康を守り切れないので、必要に応じてマウスウォッシュやデンタルフロス、それに舌ブラシなどを使って、お口の中を隅々まで綺麗にしておきたいですね。

 

虫歯や歯周病がある

口の中で酸っぱい味がする、それに口臭もひどい。それは膿の「味」や「ニオイ」かもしれません。

むし歯により歯の根元に膿が溜まっていたり、歯周病により炎症を起こした歯茎から膿が出ていたり。

虫歯や歯周病、もしくは親知らずをそのまま放置している人は、一度早めに歯科で診てもらうようにしましょう。

 

ダイエット臭

ダイエット

 

間違ったダイエットや、無理なダイエットはしていませんか?

ダイエットをしていて甘酸っぱいニオイが気になる場合、その口臭はダイエット臭かもしれません。

 

ダイエット臭は、体のエネルギー不足を補おうとする際に作り出されるニオイで、特に糖質制限ダイエットをしているときに発生しやすくなっています。

自分ではダイエットに夢中になっていて気づかないことも多いのですが、せっかく自覚したからには間違ったダイエットを一刻も早く改善したいですね。

 

 

日常生活でできる対策

笑顔 口元

 

原因によって対策も違ってきますが、口が酸っぱくなる原因は「お腹の中」もしくは「口の中」にあることが多いです。

 

お腹の中の対策は?

胃に負担がかかることで、胃酸の分泌が過剰になったり、場合によっては食道や喉のほうへと逆流してしまうことがあります。

  • 油っこい食べ物
  • 消化の悪い食べ物(タンパク質を多く含むものなど)
  • コーヒーやアルコール
  • 早食い
  • 暴飲暴食
  • 食べてすぐ横になる
  • 猫背など姿勢が悪い

こういったものは胃に負担をかけます。日常生活で適度に避けるようにしたいですね。

 

また、お腹の調子をととのえて、さらに口臭対策にもなるサプリメントなども最近はたくさん出ています。酸っぱい口臭が気になる人は、そういったものを使ってみてもいいんじゃないでしょうか。

 

お口の中の対策は?

お口の中の対策としては、やはりオーラルケアが大切です。

歯磨きだけでは歯垢や食べカス、舌苔などすべての「お口の汚れ」を取り除くことは難しいので、マウスウォッシュや液体歯磨き、デンタルフロス、舌ブラシなども併用したいですね。

また、膿の酸っぱいニオイが気になるようなら、排膿作用があるとされるなた豆エキスの配合された歯磨き粉を使ってみるのもおすすめですよ。

 

あとは、お口の中の細菌バランスを整えてくれるエチケットタブレットやサプリメントなどもあります。合わせて使いたいですね。

 

 

【まとめ】口が酸っぱいのは危険なサインかも

効果なし

 

口が酸っぱい時、緊急を要するという可能性は少ないものの、それなりに問題が起きていることが多いようです。

また、酸っぱい口臭はまわりの人を不快にします。まずは原因を突き止めて、自分で改善できるものは意識してケアしていきたいですね。

 

-新・口臭情報!

Copyright© 新・口臭対策!口が臭い原因と予防法 , 2018 All Rights Reserved.