【要注意】噛むブレスケアは効果なし?

更新日:

 

 

“ニンニク料理、アルコールの後に”のテレビCMでおなじみの、小林製薬の「噛むブレスケア」。コンビニでも手軽に買えますし、口臭対策としてカバンの中に常備しているという人も多いのではないでしょうか。

ですが、噛むブレスケア以外にも口臭グッズっていろいろありますよね。

噛むブレスケアをカバンの中に入れておいて、本当に効果はあるんでしょうか…?私が実際に使ってみて出した結論を、ここで皆さんにご紹介したいと思います。

 

検証!「噛むブレスケア」vs「ブレスケア」

 

ということで、コンビニでも必ず置いてある

  • 噛むブレスケア(レモンミント)
  • ブレスケア(ミント)

 

この2つをゲット。

噛むブレスケアは25粒入りで300円ほど。ブレスケアは50粒入りで400円ほどですね。この2つで、口臭対策はどの程度できるのか、どちらが優秀なのか検証してみましょう。

 

噛むブレスケアを実食!

 

お口の中で噛んで食べる「噛むブレスケア」。見るからに美味しそうなのですが、美味しいと思えるのは最初の3噛みほどでしょうか。

噛み続けていると、配合されているパセリオイルの味なのか独特の苦みがどんどん口の中に広がってくるんですよね。

人によるかと思いますが、私はちょっと苦手かな……。

 

でも、お口の中はかなりの爽快感!口の中の感覚がなくなるくらいスーッとしますね。

そして飲み込むと、今度は喉からお腹にかけて爽快感が広がります。お腹からその「スーッ」が上がってくる感じです(笑)

そのスーッが持続する時間ですが、10~15分くらいでしょうか。刺激が強いわりに、持続時間はちょっと短めかなぁという印象です。

 

ブレスケアを実食!

 

続いて、噛まずに水などと一緒に飲みこむ「ブレスケア」。噛むとかなり不味いとのことなので……お気をつけください(笑)小粒で、カプセル自体に味もないのでミント味が苦手だという人でも飲みやすいのは嬉しいですね。

こちらのブレスケアは、噛むブレスケアのような即効性はありません。お腹の中でいつカプセルが溶けているのかも分からないので、いつから効き始めているのかって分かりづらいんですよね。

 

私が飲んでみた感じだと数分でしょうか。お腹から上がってきて鼻に抜ける息に、ほんのりとミントの香りが……。

噛むブレスケアのようにお口の中がスッとする感じはしませんが、確かにお腹から上がってくる息はリフレッシュされているようですね。ただ持続時間がちょっと分かりにくいです。

 

 

実は…口臭にはいくつか種類があった!

口臭の原因は1つではありません。食べ物や乾燥、体内環境や口の中の環境など、色々な要素が複雑に絡んでいます。

 

ニンニクなど食べ物が原因の口臭

にんにく

 

ニンニク料理や焼き肉、キムチ、アルコールなど、ニオイの強い食べ物や飲み物で発生する口臭は、翌日も臭い続けるため意外と厄介です。

お腹の中の臭いに働きかける必要がありますが、同時に口のニオイも残っているので、両方からアプローチする必要があります。

 

口の中にいるウヨウヨ悪玉菌が原因の口臭

歯周病

 

そして口の中の雑菌が原因となっている口臭。虫歯菌や歯周病菌など、悪玉菌が多い状態を放置してしまうとかなり危険です。

このタイプの口臭では、原因となっている細菌をすぐに退治する必要があります。

つまり食品(グミ)のブレスケアよりも、科学的に裏付けられた抗菌・殺菌作用のある口臭グッズを選ぶ必要があるのです。

 

ついに口臭が…消えた!?話題の抗菌タブレットランキング >>

 

 

ブレスケアシリーズはこんなにあった!

ブレスケアって種類が多すぎですよね。どれを選んだらいいか迷ってしまうので、簡単にブレスケアシリーズをご紹介します。

 

噛むブレスケア

噛むブレスケア

 

噛むことで、口の中で香りがスーッと広がり、清涼成分がお腹まで届くという仕組みです。「口→お腹」の順番で息をリフレッシュさせる商品ですね。

味は、レモンミント、ジューシーグレープ、ミックスベリーミント、スッキリクールミント、マスカットがありますが、ほかにも、数種類の味を混ぜたアソートなど、味重視の印象があります。

 

ブレスケア

ブレスケア

 

噛まずに水で飲み込むタイプのブレスケア。お腹の中でカプセルが溶けることで、有効成分がお腹の中に広がる仕組みです。

噛むブレスケアとは逆で、「お腹→口」の順番で息をキレイにする商品と言えますね。味は、ミント、ストロングミント、レモン、ピーチの4種類があります。

 

スピードブレスケア

スピードブレスケア

 

口の中でつぶすと液体ミントが広がる、瞬間的な口臭対策に効果的な商品です。

 

タバコブレスケア

タバコブレスケア

 

スピードブレスケアの喫煙者用、のような商品です。液体ミントが配合され、タバコ特有の臭いにも効果のある強力処方となっています。

 

ブレスケアフィルム

フィルムブレスケア

 

薄いシート状になっていて、舌の上でサッと溶ける商品です。「噛んでいる時間もない!」という忙しい人には嬉しいですね。

 

 

ブレスケアの口臭に効く成分はパセリ?

 

ブレスケアの有効成分はパセリオイルです。あの付け合わせでよく見かけるパセリですね。パセリには口内で雑菌が繁殖するのを抑えてくれる成分のほか、消臭効果のある成分も含まれていて、口臭予防に良いとされています。

 

ブレスケアには、なんと1粒にパセリ10枚分のパセリオイルが配合されているんだとか。パセリは苦手な人も多くて、生で食べるのは無理という人も多いと思いますが、これなら手軽にパセリの恩恵を受けられますね。

 

にんにく臭におすすめのものは?

ブレスケアシリーズというと、「ニンニク料理、アルコールの後に」のCMのイメージが強いです。やっぱりニンニク臭はなんとかしたいですよね。

ニンニク臭には、口とお腹の両方からアプローチするのが一番効果的です。

パセリ以外にも、にんにく臭には柿渋エキスや緑茶エキス、シソの実エキス、シャンピニオンなど劇的なパワーを発揮してくれる成分がたくさんあります。

 

笑顔が2倍素敵になるタブレットの秘密 >>

 

 

一番効果のある食べ方は?

 

ブレスケアは噛んで食べるか、噛まずに飲み込むかのどちらかが一般的な食べ方だと思います。それぞれの特徴について見ていきましょう。

 

噛んで飲むタイプ

噛むブレスケアは、翌日の口臭が気になるときや、これから人と会うというシーンで使うと良いそうです。口の中の臭いをなんとかしたいときですね。ちなみに、噛むブレスケアはそのまま飲み込まずに、きちんと噛んで食べることをオススメしています。

 

噛まずに飲み込むタイプ

ブレスケアは、ニンニク料理などを食べた直後に、噛まずに飲み込みます。胃から上がってくるニンニク臭をなんとかしたい!というときに使うと良さそうです。

ニンニクの臭いの元であるアリシンは、体の中に入ると、腸で吸収され、ニンニク臭を全身へと広げてしまいます。要は、吸収される前に包み込んでしまおう!ということですね。

 

 

噛むブレスケアは効果なし?

効果なし

 

ここまで読むと、噛まずに飲み込むタイプのブレスケアのほうが、効果がありそうな気がします。ですがシーンに合わせて使うことが大事です。

また噛むブレスケアには砂糖が入っている点には注意したほうが良さそうです。噛むブレスケアは味重視な面もあるせいか、ほかの製品には入っていない砂糖が含まれています。

虫歯の原因にもなるので、歯磨きした後や寝る前に食べるのはやめておきましょう。

 

持続時間は意外に短かった?

 

ブレスケアは、長時間は効きません。効いている気がしても、だいたい15~20分程度で効き目は切れてしまいます。

ただしすぐに効果が切れてしまうからといって、食べ過ぎはダメですよ!ブレスケアは1回2~3粒、噛むブレスケアは1回1~2粒が目安です。

 

悪玉菌を増やしてしまうと大変なことに…!

ブレスケアは薬ではなく食品(グミ)です。これだけで口臭を消そうとするのではなく、日頃の口臭ケアの補助として使うくらいの気持ちでいると良いですね。

実際に口臭を改善する方法としては、毎日しっかり歯磨きをすること。そして口腔内の雑菌にアプローチできる、抗菌・殺菌作用のある口臭グッズを選ぶこと。

最近では口臭の2大原因ともいわれる歯周病菌が血管に入り込み、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすことが分かってきました。こういった悪玉菌に対してはもっと強力なアプローチをする必要があります。

 

歯周病菌までやっつけるタブレットの秘密とは?  >>

 

 

クサイ人と思われたら全てが台なしです!

体臭 口臭

 

噛むブレスケアは、臭いをマスキングして隠すという口臭グッズになります。

もっと劇的に臭いを取り去ってくれて、根本からニオイの元を断ちたいあなたには悪玉菌を取り除く強力な口臭タブレットがいいですよ。

爽やかな印象になって、笑顔が素敵だねって言われること間違いありません!

 

笑顔が2倍素敵になるタブレット >>

 

-タブレット

Copyright© 新・口臭対策!口が臭い原因と予防法 , 2018 All Rights Reserved.