なぜ風邪の時に口臭がひどくなる?

更新日:

 

風邪

 

風邪をひいて、ただでさえ具合が悪いのに、なんだかいつもより口の臭いも気になるような……。「もう、これ以上は勘弁してくれ!」って思っちゃいますよね。

いつもどおり歯磨きはしているはずなのに、どうして風邪の時って口臭がひどくなるのでしょう。考えられる原因と対策について、お伝えしたいと思います!

 

風邪をひいた時はニオイで分かる?

はてな

 

ネットを見ていると、結構「風邪のニオイ」が分かるという人が多いみたいですね。

薬品のようなニオイだとか、腐ったようなニオイだとか、人によって感じ方はいろいろですが、そのニオイで「あ、もうすぐ風邪をひくな」というのが分かるそう。なんだか預言者の気分ですね。

詳しい原因は分かっていないようですが、口臭も「風邪のニオイ」の一つです。

 

 

風邪で口臭がきつくなる原因はコレ!

風邪で口臭がひどくなることには、きちんと理由があります。

 

免疫力の低下

免疫力

 

そもそも風邪は、体の免疫力が低下しているときに引きやすいですよね。風邪をひくということは、細菌やウイルスの侵入を許してしまったということ。体の中では、細菌やウイルスが活発に働けるような環境になっているのです。

さて、口臭の原因ってなんだかご存知ですか?そう、雑菌なんです。風邪の原因菌やウイルスとはまた別の菌ですが、口臭の原因となる雑菌も、免疫力が低下していれば活発に働くようになってしまうのです。

 

発熱

風邪をひくと熱が出ます。熱が高いと、汗もたくさんかきますよね。つまり、発汗した分だけ、体内の水分も失われているということ。体は乾燥状態になっているので、当然、お口の中だって乾燥します。

そうすると、口内の細菌が繁殖しやすくなり、よりその働きを助けてしまうことになるのです。

 

鼻づまり

体臭 口臭

 

風邪の症状の1つとして、鼻水や鼻づまりもありますよね。鼻が詰まって苦しいと、どうしても鼻呼吸は難しく、口呼吸になってしまいます。これも、お口の中が乾燥する原因ですね。鼻づまりによって口呼吸になると、口臭の原因となる雑菌が増えてしまうのです。

 

薬の副作用かも?

薬には必ず副作用があります。そのうちの1つに「口渇」というものがあることをご存知ですか?唾液の分泌量を減少させてしまい、口の中が乾燥してしまうのです。

副作用に口渇がある薬として有名なのが、風邪薬としては一般的な抗ヒスタミン薬です。抗ヒスタミン薬はヒスタミンを抑えることで、くしゃみや鼻水、鼻づまりといった症状を改善してくれるため、風邪の時によく処方されますね。

抗ヒスタミン薬を服用している場合は、口の中が乾くこともあると覚えておくと良いでしょう。

 

 

風邪で起こりがちな口の中のトラブル

 

風邪をひくと、口臭以外でも、口の中で様々なトラブルが発生します。

 

口の中が乾燥してネバネバする

まるで朝起きたときのように、口の中がネバネバして不快!上でご説明したように、風邪をひいたり、風邪薬を飲んだりすると、唾液の分泌量が減って口の中が乾きやすくなります

口臭がキツくなる要因にもなりますし、やっぱり不快なので、積極的に口の中を潤すようにしたいですね。

 

口の粘膜が荒れる

風邪をひくと、免疫力が低下することで、口内粘膜も荒れやすくなります。その結果、口内炎も発生しやすくなるようですね。

口内炎はビタミン不足のときにも起こりやすいので、意識してビタミンを摂るようにしましょう。口内炎にはビタミンB群のほか、粘膜を丈夫にしてくれるビタミンAや、免疫力を上げてくれるビタミンCも必要です。

 

変な味がする

舌苔を除去する

 

風邪をひいたことがきっかけで、味覚に異常が出てしまうこともあります。

味覚障害といったら亜鉛不足が考えられますが、亜鉛を十分に摂っているようなら、ほかの原因も考えなくてはいけません。1つは薬の副作用として、味覚に異常が出ているケース。風邪薬でも起こることがあるようです。

 

もう1つは、舌苔が分厚くなっているケース。舌苔は舌の表面に付着した、白い苔のようなもの。

普段は唾液の自浄作用で自然と薄くなっていますが、風邪で口内が乾いていると、舌苔が分厚くなってしまうことがあります。ぜひ鏡で舌を観察してみてください。舌苔が分厚いせいで、味覚を感じにくくなっているのかもしれません。

 

 

喉に臭い玉が!

喉

 

風邪を引いたときに口臭がきつくなる原因として、「臭い玉」の存在も忘れてはいけません。臭い玉とは、膿栓のこと。口を大きく開けて喉の奥を見たときに、扁桃腺のあたりに、白い米粒ほどの塊が付いてはいませんか?

もしくは咳やくしゃみをしたタイミングで吐き出されることもありますね。臭い玉はつぶすと悪臭を放つことから、その名前が付いています。膿栓の正体は、細菌の死骸です。

 

口や喉で増えすぎた細菌が塊になったもので、ドライマウスや口呼吸の人にできやすい傾向にあります。そして、やはり風邪でもできやすいのです。

子供の場合は、風邪だと思っていて蓄膿症ということもあるので、親御さんが注意して観察してあげてくださいね。

 

おたふくかぜの可能性も?

また、子供の場合は流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)でも口臭が強くなることがあります。こちらも、治れば口臭も改善するので、しばらくは様子を見てあげてください。

 

 

風邪が治った後も口臭が消えない?

はてな

 

風邪が治ったのに口の臭いが消えない場合は、ほかのところで原因を探さなくてはいけません。たいがいの口臭は、生活習慣を見直せば改善するものが多くなっています。

歯磨きの仕方であったり、使っている歯磨き粉や口臭対策グッズの見直しであったり。ですが、まれに病気で口臭がきつくなっている可能性もあります。

虫歯や歯周病といった口の中の病気から、糖尿病や尿毒症といった全身性の疾患まで、その原因は様々。口臭が長引く場合は、そういった可能性も視野に入れましょう。

 

 

風邪をひいた時の口臭対策は?

風邪による口臭は、どうしたら予防できるのでしょう。

 

こまめな水分補給

 

風邪をひくと発熱により汗をかいたり、下痢や嘔吐で水分不足になりがちです。脱水症状にならないためにも、こまめな水分補給をしてくださいね。

体内の水分が増えることで、唾液もサラサラになって、口臭やネバつきの解消にもつながります。飲むものは水やお茶でも良いですが、電解質も失われているので、スポーツドリンクや経口補水液を選ぶと良いでしょう。

 

こまめな歯磨き

歯ブラシ

 

風邪でだるいかもしれませんが、きちんと食後は歯磨きをするようにしましょう。口の中が乾いて細菌が増えやすいからこそ、いつもより丁寧なケアを心がけたいですね。デンタルフロスや歯間ブラシを使って丁寧に歯垢を取ったり、マウスウォッシュで口をゆすぐのも効果的です。

抗菌作用のあるうがい薬で口内を清潔にしておくのも良いですね。あとは、なたまめ歯磨きもオススメです。なたまめには膿を出したり、免疫力を上げたりする成分が含まれているため、風邪や蓄膿症の方には良いかもしれません。

 

マスクをつける

マスク

人と会うときはマスクの着用、これは風邪をうつさないためにも、そして口臭に気付かれないためにも重要です。マスクをしていると口の乾燥も防ぐことができるので、苦しくなければ寝るときにつけても良いでしょう。

 

飲んでいる薬を理解する

薬

 

病院で薬をもらうとき、ちゃんと説明は聞いていますか?自分の飲む薬がどんなものなのか、副作用はあるのか、理解しておくことも大切です。専門的なことまで理解する必要はありませんが、気になることがあれば、かかりつけの医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

 

 

さいごに

風邪をひいたときに口臭がきつくなるのは、口が乾くことや、免疫力の低下により、口臭の原因となる雑菌が増えるから。気になるようなら、口の中を潤したり、歯磨きなどで清潔にしておくようにしましょう。

ですが、一番大切なのは、風邪を早く治すこと。まずは安静にして、ゆっくり身体を休めましょう。大丈夫だと思って、無理してまで口臭対策しても、かえって逆効果になってしまいます。

 

風邪を引いているときは舌苔もつきやすくなります。こちらの記事も参考にして下さい。

舌苔をスッキリ除去する効果抜群の取り方!

 

-新・口臭情報!

Copyright© 新・口臭対策!口が臭い原因と予防法 , 2018 All Rights Reserved.