親知らずの抜歯後にドブのような口臭が...!?

更新日:

 

歯を抜くというのは、誰しも不安になるもの。

これを読んでいる人の中にも、「数日前に親知らずを抜いてきた!」という人や、「これから抜く予定……」という人がいることと思います。

抜く前も、それに抜いた後もなにかと心配が絶えないからこそ、一つでもその心配事を減らしたいですよね。

 

そもそも親知らずは抜かなくてはいけないの?

歯

 

できれば抜かないで済ませたい、誰もが思うことだと思います。きれいに真っ直ぐ生えていれば、抜かない方が良いかもしれません。

ですが、親知らずの多くは斜めに生えていたり、横向きになって歯茎の中に埋まっていたりするので、歯医者で抜きましょう」と言われてしまいます。

 

奥まったところに生えている親知らずは、歯ブラシがしっかり届きにくいため虫歯になったり、歯茎が腫れるなどのトラブルが発生しやすいのです。

つまり抜いたほうが口の中は衛生的ということですね。

また、たとえ真っ直ぐに生えていたとしても、歯磨きがしにくく、きちんと磨けていないようなら、虫歯や歯周病リスクが上がってしまうので抜くという選択肢が取られることもあります。

 

ドブのような臭いがする!?

 

親知らずを抜歯後に、独特の口臭に悩まされる人は多いようです。「排水溝の臭い」だとか「ドブの臭い」だとか……皆さんなかなかの表現をされますね。

自分の口からそんな臭いが漂ってくるわけですから不快になるし、気持ち悪くもなると思います。

 

変な味のする臭い液が出る!

口が臭くなることに加えて、抜歯をしたところから、変な味のする液体がにじみ出てくることがあります。そのせいで、食事が不味くなってしまったり、気になって眠れなくなってしまったり。

「これって自分だけ?」「もしかして抜くのに失敗したんじゃ……」そんな不安もありますが、口臭や臭い液体も、実は多くの人が経験しているようです。

 

 

抜歯後に発生する口臭の原因は?

 

なぜ口が臭うのか、それにはいくつかの理由があります。

 

口の中に大きい傷ができている

歯を抜くと、どうしてもその部分に大きな穴が開くことになります。もちろん出血もします。つまりは、口の中に傷がある状態です。

ですが、口の中は粘膜なので、バンソウコウを貼ることはできないですよね。バンソウコウの代わりとなるのが、「血餅(けっぺい)」という、かさぶたのようなものです。

これは傷口で血が固まったもので、だいたい抜歯後24時間以内には形成されます。その血餅の下で、1ヶ月ほどかけて傷口がふさがっていくのです。

 

口臭の1つ目の原因は、「血の臭い」と考えることができるでしょう。

 

ドライソケットに要注意!

上手く血餅が作られなかったり、途中で血餅が取れてしまって穴が開いてしまうと、骨が剥き出しの状態になります。これが「ドライソケット」で、抜歯後は特に注意したい症状です。

いつまでも痛みが続く、治りが遅くなる。さらには剥き出しになった傷口や骨から細菌が侵入してしまうと、感染症も起こしやすくなります。

抜歯後1週間ほどは、血餅が取れないように注意しておく必要がありますね。

万が一、感染症になった場合は傷口が化膿して、膿が出てくることがあります。この場合は、早めに歯科医で診てもらいましょう。

 

口臭の2つ目の原因は「膿の臭い」となります。

 

穴に食べカスが溜まっている。

血餅が剥がれていなくても、抜歯後の穴には食べ物や汚れが詰まりやすくなっています。そして、それが発酵したり、口の中の細菌が分解したりすることで腐敗臭を発生させるのです。

ある程度、食べかすが詰まってしまうのは仕方がないことですが、食事内容に気をつけたり、口をゆすいで口内を清潔にしておくよう意識したりすることは大切です。

 

口臭の3つ目の原因は「食べかすの臭い」ということですね。

 

 

これって大丈夫?

 

抜歯後に心配になるお口の中のトラブル。その正体について見ていきましょう。

 

苦い液や汁の正体は?

苦い液や汁は膿である可能性が高いです。

もちろん傷口が化膿している可能性もありますが、抜歯直後は、傷口を修復しようとする白血球の死骸が排膿されているだけなので、それほど心配しなくても良いでしょう。

しばらくして治まれば、特に問題ありません。

 

白い塊の正体は?

口を開けて鏡を見たときに、抜歯したところに白い塊ができている!これもよく心配されがちですが、食べかすが付いているだけか、もしくは血餅が白くなってきていることが考えられます。

血餅は、最初は赤黒い色をしていますが、だんだんと白っぽくなってきます。

その白くなった血餅がうがいをしたタイミングなどで口から吐き出されてしまうこともありますが、要はかさぶたと同じなので、自然に取れた場合は問題ないと考えて大丈夫です。

 

 

必見!親知らずの抜歯後に発生する口臭をなくす方法

方法

 

口臭がするのは、口の中に傷がある以上は仕方のないこと。まずは傷を治すことが先決なので、そこだけは気を付けてくださいね。

では、実際にどんな対策や予防ができるのでしょうか。

 

口をゆすいで清潔にする?

口臭を軽減させるには、やはり口の中を清潔にしておくこと。傷が治りやすい環境を作り出すこともできるので一石二鳥ですね。

ただし、あまり強く口をゆすいでしまうと、口の中を清潔にするつもりが、逆効果になってしまうこともあります。

 

うがいのし過ぎに注意!

お口の中に傷ができているわけですから、しっかり清掃しておきたい気持ちも分かります。

ですが、あまりブクブク強くうがいをしてしまうと、まだ剥がれる状態にない血餅が剥がれてしまうこともあります。

特に抜歯した当日は、まだ血餅も安定していないので、うがいは控えるようにしましょう。

 

イソジンうがいは効果あり?

うがい

 

うがいをするとき、刺激の強いマウスウォッシュの使用も1週間ほどは避けましょう。

では、イソジンはどうでしょう。抜歯をすると、痛み止めの飲み薬や、イソジンうがい液を処方されることもあります。

イソジンには殺菌効果があり、感染症予防に良いという意見もありますが、歯科医によってはそれにより傷の治りを遅くしてしまうという意見もあります。

イソジンを処方されていない場合は、無理に使う必要はないでしょう。

 

マスクをする

抜歯後の口臭は独特の臭いがするので、人と話すときなどはマスクをしておくと安心かもしれません。

でも、ずっとマスクをしていると、今度はマスクの中が臭くなるので、つけている本人が気持ち悪くなってしまいますよね。

どうしても耐えられない!と思ったら、歯科医に相談してみてるのも良いでしょう。

 

抗菌タブレットを舐めてみる

乳酸菌

 

ラクトフェリンやオーラバリアを使っているタブレットは、悪玉菌を減らして口の臭いを抑えてくれる働きがあります。

ガムを噛むという方法もありますが、抗菌タブレットを口の中でゆっくり舐める方が、血餅も取れずに安心できます。

 

私が使った抗菌タブレットはこちら >>

 

 

臭いがなくなったら治った証拠?

うがい コップ

 

一般的には、口の臭いが無くなるまでには1ヶ月ほどかかるようです。1ヶ月が経過するころには、傷口の治癒もだいぶ進んでいるはずなので、治ったと思っても大丈夫でしょう。親知らずを抜歯した後、ある程度の口臭は仕方のないもの。

臭いを緩和する方法としては、口の中の清潔を保つことが一番です。あまり強いうがいをしても、せっかくふさがりかけた傷口がまた開いてしまい、思わぬトラブルを招いてしまうこともあります。

まずは傷を治すことを第一に考えて、口の中で悪玉菌が繁殖しない状態にしておきましょう。

 

抜歯後の口臭を開放してくれた秘密を見る >>

 

-新・口臭情報!

Copyright© 新・口臭対策!口が臭い原因と予防法 , 2018 All Rights Reserved.