たかが口臭、されど口臭。

口の臭いは人を不快にさせ、大事な人間関係を壊してしまうことだってあります。

自分の口臭でまわりの人たちが困っているなんて、想像するだけで嫌ですよね。

 

恐らく、これを読んでいる方は口臭に関してお悩みを抱えていることと思います。

ですが、あなたが今やっている口臭対策は本当に効果のあるものですか?

 

今回は、もしかしたらあなたにとって新常識となるかもしれない、

口臭を根本原因から解決していく方法についてご紹介したいと思います!

 

 

口臭は病気なの?

 

対策はしているはずなのに、どうしてずっと臭いが消えないのか…!

最終的には「これって病気なのかな…?」と本気で悩んでしまう方もいると思います。

まずは何が原因なのか、そこを明らかにしてみましょう。

 

口臭は大別すると、以下のように分けることができます。

生理的口臭

病的口臭

心理的口臭

 

【生理的口臭】

日常生活に原因があって、誰でも、健康な人であっても現れる口臭です。

たとえば朝起きた時だったり、お腹が空いている時だったり、

女性の場合は月経や妊娠などホルモンバランスの変調によって起こることもありますね。

 

また、ニンニク料理や納豆、キムチなどのニオイの強い食べ物、

それに飲酒やタバコを吸っていることなどで一時的に口が臭くなるのも

生理的口臭に分類することができます。

 

【病的口臭】

なんらかの病気によって口が臭くなっているケース。

病的口臭のうち90%は、歯周病や歯槽膿漏、舌苔など、口の中の原因によるものとされています。

口の中以外だと、糖尿病や消化器系の病気、肝臓疾患、もしくは鼻やのどの病気などが考えられます。

 

【心理的口臭】

ストレス、それに緊張や不安などによって発生する口臭です。

「私の口、クサイかも……」「他人に迷惑をかけているんじゃ……」と思ってしまうことで、

本当はそれほどでもないのに、余計に臭いが気になってしまっているということもあります。

自分では気づきにくいからこそ、意外と厄介なケースが多いのが心理的口臭です。

 

病気の可能性も・・・

 

口臭は病気なのかと言われれば、病気ではありません。

もちろん、病的口臭に関してはなんらかの病気が背景にあるわけですから

“病気”と言うこともできますが…。

 

また、口臭によって本人に“不安を感じる症状”が見られる場合には「口臭症」と定義されます。

口臭が病気であっても、病気でなくても、なにかしらの対策は必要と言えるでしょう。

 

 

口臭対策の前にチェックしておきたい3つのポイント

 

口臭のほとんどは、原因が口の中にあります。

まずは自分でも確認できる部分をチェックしてみましょう。

 

歯や歯茎は大丈夫?

虫歯や歯周病、歯槽膿漏、歯肉炎などの疾患はありませんか?

まずは、これらをきちんと治療すること。

病的な原因があっては、口臭もなくなるわけがありません。

 

大丈夫だよ!という人も、定期的に歯科医にお口の中をチェックしてもらうと安心です。

歯石は自分で取ることができません。

初期の段階で除去してもらえば、歯周病予防、さらには口臭予防にもなりますね。

今まで行っていなかったという人は、ぜひ近いうちに診察を受けに行きましょう。

 

舌苔は大丈夫?

 

舌苔(ぜったい)とは、舌の表面に付いている白いコケのようなかたまりです。

鏡の前でアッカンベーをして、チェックしてみましょう。

 

舌苔は食べカス、粘膜や細胞が剥がれたもの、そして細菌の集合体です。

粘膜や細胞が剥がれたもの、というと怖いですが、肌と同じように口腔内の粘膜も、

新陳代謝によって常に新しく生まれ変わっています。

それらを雑菌がエサとして食べると、ニオイ物質を発生させてしまうのです。

 

口の中は乾いていない?

口臭の元となるニオイ物質にもいろいろありますが、なかでも3つの揮発性硫黄化合物が代表です。

  • 腐った卵のようなニオイのする「硫化水素」
  • 生臭いニオイのする「メチルメルカプタン」
  • 生ごみのようなニオイのする「ジメルサルファイド」

 

これらが悪臭を放ち、口臭の原因になります。

 

ちなみに腐った卵のようなニオイの場合は、ピロリ菌が原因の

胃炎や胃潰瘍などの消化器官の疾病も疑う必要が出てきます。

 

消化不良や胃酸が逆流するなど、自覚症状を感じたら、

悪くなる前に早めに医療機関を受診してくださいね。

 

揮発性硫黄化合物を作り出す口内の細菌は、口の中が乾いていると増殖し、

活発に働くようになってしまいます。

 

唾液は加齢とともに分泌量が減っていきますが、それ以外でもストレスや緊張を感じたとき、

もしくは空腹時などにも一時的に少なくなることがあります。

 

唾液は意識して増やすことも可能です。

手軽な方法だと、歯磨きで口の中を刺激してあげること、ガムを噛むことなどが有効ですね。

もしくは水を飲むだけでも、口内の乾燥を緩和するには効果的です。

 

 

お口の中をケアして臭いを一掃!

 

歯や歯茎の病気、舌苔、そして口の乾き

口臭の根本原因である細菌は、これらによって増殖してしまうので、

まずはこの3つをケアの基本をマスターすることが必須です。

 

歯科の治療に通う

まず、虫歯や歯周病などがある人は、歯科医の治療を受けましょう。

特に歯周病や歯肉炎は進行すると痛みが強くなり、歯磨きしただけでも出血するようになります。

そうなる前に、早めに治しておきたいですよね。

 

それと共に、日頃からきちんと歯磨きをして、口の中を清潔にしておくことは基本です。

歯茎の境目、それに差し歯の隙間などには特に歯垢(プラーク)が溜まっています。

歯垢は細菌のかたまりなので、しっかり取り除きましょう。

 

歯磨き粉の選び方

口臭が気になる方は、殺菌・抗菌成分が配合された歯磨き粉に注目してみてください。

普通の歯磨き粉は泡立ちが良すぎて、きちんと磨く前に終わってしまう場合もあります。

その場合は、歯磨き粉ではなく“歯磨きジェル”を使ってみるというのも良いでしょう。

 

また、口臭対策として各メーカーから“なたまめ”を使った歯磨き粉が出ています。

なたまめには体内の膿や毒素を出してくれる作用があるとされ、

歯周病や歯槽膿漏がある方にはおすすめです。

 

正しい舌磨きとは?

歯を磨いたついでに、歯ブラシで舌をゴシゴシと磨いてはいませんか?

舌は柔らかく繊細なので、舌の汚れを落とすには専用の道具が必要です。

間違っても歯ブラシは使わないでくださいね!

 

舌ブラシを使うほか、実は唾液の分泌を増やすことも舌苔を落とすには有効です。

唾液には自浄作用があるため、きちんと量があれば、わざわざ舌ブラシで磨かなくても、

舌の表面についた汚れも洗浄することができるのです。

 

口の中を潤す方法

 

 

口呼吸はしていませんか?

睡眠中、部屋の空気は乾燥していないかなど、意識的に自分の周りの環境にも

気を配ってあげてくださいね。

 

歯磨きやガムを噛んでも良いですが、その補助としてマウスウォッシュを使っても良いでしょう。

マウスウォッシュなら口の中を洗い流すことで、細菌も減らすこともできるので一石二鳥ですね。

 

そして意外とドライマウスと関係性が深いのがストレスです。

ストレスは溜めないことが一番ですが、それもなかなか難しいので、

適度に発散していくようにしたいですね。

 

食べ物に気を付ける

あとは、ニオイの強い飲食物や、たばこのような嗜好品は控えること。

どうしても口臭があっては困る日の前日は、ニンニク料理は避けてください。

こればかりは、自分で避けるしかないです(笑)

 

口をずっと閉じてない?

口臭が気になるからといって口を開けない、マスクをして一年中過ごす。

そんなわけにもいきませんよね。

 

もちろん生活していく上で、それじゃ困るというのもありますが、

口臭の原因を作り出す細菌は、酸素を嫌う性質を持っています。

口を閉じて酸素をシャットダウンしていたら、逆効果ということなのです。

 

 

劇的に効果のあるケアグッズ

 

最後に、口臭対策のために具体的に必要となるケアグッズをざっとご紹介したいと思います。

細菌を退治するためには、抗菌・殺菌作用のあるグッズを使うことがポイントです。

 

【歯磨き粉】

歯磨きジェルだと、舌や口腔内全体を磨けるという商品もあります。

研磨剤によって歯垢を強力に落とせる商品もありますが、

それよりも菌そのものを殺菌できるような成分が配合されているとなお良いですね。

 

【マウスウォッシュ】

歯磨きとマウスウォッシュを併用すると、口臭に有効な場合もあります。

寝る前に使えば、朝のお口のネバネバも解消できるので良いですね。

マウスウォッシュは味やピリピリとした刺激で、好き嫌いが分かれてしまいますが、

口臭が気になっている方はぜひ使いたいアイテムです。

 

【舌ブラシ】

舌苔は健康な人でもうっすらと付いているのが普通です。

それよりも分厚く付着していて、唾液の自浄作用だけでは取れない場合は、

舌ブラシも揃えておきたいですね。

舌はとてもデリケートなので、ブラシ部分の材質にもこだわりましょう。

 

【タブレットなどの食品】

外出先で歯を磨けないときに助かるのがタブレットなどの商品です。

口の中の細菌に働いてくれる乳酸菌を使った商品も多いですね。

歯を磨いた後でも食べられるものが多いのが魅力です。

 

徹底して調べると、本当に多くの、いろいろなグッズが出てきます。

口臭対策では、“臭い”に“匂い”をかぶせるのではなく、“臭い”を元から消すことが大事。

匂いでごまかすようなグッズを使っている人は、

ぜひこの機会にアイテムを見直してみてください。

 

 

さいごに

口臭の根本原因、それに口臭を解消するための対策について、伝わったでしょうか?

日常生活の中の、いくつかの要素を見直すだけで、どんどん口臭は解消されていくと思います。

 

“息美人”になれば、人生が変わるかも。

間違った方法でセルフケアするよりも、グッズに頼るほうが良いときもあります。

ぜひうまく口臭対策グッズを活用してみてください。

 

更新日:

Copyright© 新・口臭対策!口が臭い原因と効果的な予防法 , 2018 All Rights Reserved.